設立当初は各種石工具の製造(超合金使用)・販売を手掛け、その後、工作機械の(両頭研削盤・シェーバー)製造・販売も行いました。昭和30年に入り、社名変更を行い、株式会社へと組織変更いたしました。
 現在は、三菱マテリアルの切削、研削を始め自動車用エンジン部品(トヨタ系、三菱系)の量産加工にたずさわると共に、鉱研工業(ボーリングマシーン)の協力工場として、また、その他の設計会社の元で各種自動車専用機や、省力化機械の製作を行っています。

当社のベストワン

旋盤、研削盤、マシニングセンター、中ぐり盤等、大型・小型の設備機械を豊富に所有しているため、単品物・量産物に関わらずオールラウンドに対応しています。

おまかせください!

部品製作はもちろん、OEM等による機械製作も可能です。長年に渡って手掛けてきた実績から、特に自動車部品の品質管理には絶対の自信を持っています!